日常をつづる平凡日記

椅子代わりのバランスボール

最近、大きな「バランスボール」を購入しました。実はこれ、運動のために取り入れた「椅子」なのです。私は一日の殆どがパソコン作業になります。そのため、椅子選びに相当の時間を費やしてきました。「色」で選ぶか、「デザイン」で選ぶか、「価格」で選ぶかにも分かれますが、私にとっては「体への優しさ」が一番大事かもしれません。以前、アドベンチャー企業内で、このバランスボールに乗っかって作業する職員の方々をTVで目にし、いつか自分もそういうスタイルを取り入れたいな、と思っていたのでした。体への優しさ、というよりは「体を鍛えて」結果健康的で居られる、という理屈になるでしょう。ただ、最初こそ運動になっていたと思いますが、人間は慣れてしまうと、体は負荷を感じなくなるようで、今では何の苦もなくバランスが取れてしまうのです。勿論、腹筋の割れた見事なプロポーションを意識してはいないでよいのですが、「楽しく、継続して」運動を取り入れる、そしていつまでも若々しく、という究極の物は、ないのかもしれません。そこには必ず「努力」などの精神力が必要なのです。体を動かすことを生業にしていない私は、いつの時代にも手っ取り早くなんとかしたい!というはやる気持ちをセーブしながら、良き商品を探し求めて生きることになりそうです。